一般葬

一般葬

一般葬のイメージ画像

一般葬のメリット・デメリット

  • メリット

    一般葬の場合は当日にご参列をいただくため、葬儀終了後の弔問対応を抑えることが可能です。
    お葬式は故人ゆかりの方々と顔を合わせる機会です。故人様に代わり直接感謝を伝えることができます。
    一般葬であれば参列者からの香典収入もあります。

  • デメリット

    家族葬に比べると参列者へ多くの対応が必要です。その分、故人様と過ごす時間や想う時間が限られることになります。参列者の方々が多ければ正確な参列人数を把握するだけでも困難な作業です。式場での席数や会食、返礼品の準備など、参列人数に応じて考慮しなければならないことが多数存在します。

費用例

価格
469,500円
人数
50名
日数
5日 〜 10日
安置室使用料
無料
ご安置
お預かり安置のみとなります。
預骨
無料

費用の中に含まれるもの

  • 寝台車20キロ2回分
  • 搬送用防水シーツ
  • ドライアイス1日分
  • 受付・焼香セット
  • 棺(布張り)
  • 骨壷
  • 白木位牌
  • 納棺具
  • 遺影(カラー)
  • 造花額
  • 枕飾りセット
  • 後飾祭壇
  • 祭壇供物1対
  • 設営・司会進行
  • 送り花
  • 自宅飾り一式
  • 斎場費
  • 手続き・火葬場案内
  • 花祭壇
  • 看板

別途費用がかかるもの

  • 火葬費
  • 料理費
  • 香典返し
  • 寺院への支払い

※上記は人数等の諸条件によって合計費用が変動いたします。

一般葬特別プラン

全てをグレードアップして
花で送る特別なプラン

一般葬特別プランのイメージ画像

特別プランの内容

弔問者が多いことが予想されるため、少し豪華にしたいという方へ向けた特別な「花で送る輝きプラン」をご用意しております。
「一般葬」の内容から「遺影額」「棺」「骨壷」がグレードアップしており、料金は下記の通りとなります。

花で送る輝きプラン
669,500円

お電話でのお問い合わせはこちらの番号から

0120-087-031