家族葬

家族葬

家族葬のイメージ画像

家族葬のメリット・デメリット

  • メリット

    お身内のみご参列のため、宗教者の了解を得られれば「こんな形で故人を送りたい」「お別れをしたい」とのご希望に応えやすい葬儀形態です。
    参列者への対応を減らし、故人と向き合う時間を長く取ることができます。人数の把握もしやすいため式場や料理等の規模の無駄も最小限にできます。

  • デメリット

    当日のご参列をご遠慮いただくために、長ければ1ヶ月程度の間 葬儀に参列されなかった方々が週末ごとにご自宅まで弔問に訪れるといったこともあります。
    また、「なぜ知らせてくれなかったのか」という反感を招く場合があるほか、香典収入が限られるために葬儀費用はその大部分をご家族内で賄わなくてはなりません。

費用例

価格
299,500円
人数
20名
日数
5日 〜 10日
安置室使用料
無料
ご安置
お預かり安置のみとなります。
預骨
無料

費用の中に含まれるもの

  • 寝台車20キロ2回分
  • 搬送用防水シーツ
  • ドライアイス1日分
  • 受付・焼香セット
  • 棺(布張り)
  • 骨壷
  • 白木位牌
  • 納棺具
  • 遺影(カラー)
  • 造花額
  • 枕飾りセット
  • 後飾祭壇
  • 祭壇供物1対
  • 設営・司会進行
  • 送り花
  • 自宅飾り一式
  • 手続き・火葬場案内

別途費用がかかるもの

  • 火葬費
  • 斎場費
  • 料理費
  • 香典返し
  • 寺院への支払い

※上記は人数等の諸条件によって合計費用が変動いたします。

家族で送る一日葬

小さなお葬式で安く送りたいという方へ

家族で送る一日葬のイメージ画像

家族で送る一日葬のメリット・デメリット

  • メリット

    一日葬は通夜を行わず、告別式のみを行うため、葬儀や食事、返礼品の費用を抑えることができます。
    一日で終わる関係上、寝ずの番が必要なかったり、地方の遺族が宿泊せずに済むなど遺族の心身の負担軽減もあり、現代のニーズに合わせた人気の葬儀になりつつあります。

  • デメリット

    注意をしなければならないのは、一日しかないため参列できる人は限られ、後日「故人にご挨拶をさせてください」と弔問客が多くなる可能性があります。また寺院側からも仏式の考え方や従来の慣習に沿っていないために反対される場合があるので事前に良く調べておく必要があります。

費用例

価格
279,500円
人数
20名
日数
5日 〜 10日
安置室使用料
無料
ご安置
お預かり安置のみとなります。
預骨
無料

費用の中に含まれるもの

  • 寝台車20キロ2回分
  • 搬送用防水シーツ
  • ドライアイス1日分
  • 受付・焼香セット
  • 棺(布張り)
  • 骨壷
  • 白木位牌
  • 納棺具
  • 遺影(カラー)
  • 造花額
  • 枕飾りセット
  • 後飾祭壇
  • 祭壇供物1対
  • 設営・司会進行
  • 送り花
  • 自宅飾り一式
  • 手続き・火葬場案内

別途費用がかかるもの

  • 火葬費
  • 斎場費
  • 料理費
  • 香典返し
  • 寺院への支払い

※上記は人数等の諸条件によって合計費用が変動いたします。

家族葬特別プラン

斎場を葬儀相談センター
安らぎの家にする特別プラン

特別プランの内容

「家族葬」「家族で送る1日葬」の斎場場所を花セレモニー運営の「葬儀相談センター 安らぎの家」にすることで大きく費用を抑える特別プランを提供しております。
「家族葬」「家族で送る1日葬」の内容に「火葬費」「斎場費」「寝台霊柩」を含んだ料金は下記の通りとなります。

家族葬特別プラン
338,963円
1日葬特別プラン
308,963円

お電話でのお問い合わせはこちらの番号から

0120-087-031