花で送る

通夜・告別式

料理について

葬儀の部分で通夜のもてなしは、喪主様の気にかかることでもあります。料理がおいしいこと・そしてサービスが行き届いているかどうかが大切なことです。通夜の料理が余ったという話を良く聞きます。そこで料理を注文するうえで、気をつけて欲しい事柄を申し上げます。

通夜料理で気をつけること

1.

親族やお手伝いの方々の人数分をまず確保します。
●親しい方で通夜の席に最後までお残りになる方の分。
●一般弔問者の分。以上を見ながら100人の弔問者であれば7割程度の料理で間に合います。さらに人数が増えれば増えるほど総体にしめる料理の量は少なくてすみます。

2.

告別式当日の精進落としは本膳となりますので、最後までご参列いただくお身内及び特別お声がけされた方のお膳、さらにご住職様同席の場合のお膳、さらにご住職様同席の場合のお膳、陰膳の準備が必要となります。

※下記のメニューの写真をクリックしていただきますと拡大画像を表示します。

 

料理

料理

料理
料理